会社をやめたくても辞めれない人が増えている・・・

最近、労働者の方からの相談のひとつに

<会社を辞めたいんだけど、辞めさせてくれない>

というのがあります。

果たしてそんなことがあるのかなと思うのですが、

<契約期間内は辞めることができない>等と言って辞めさせない会社

もあるようです。まさにブラック企業ですね。

でもよくよく考えると我々がいる業界<税理士や公認会計士や社会保険労務士やらのいわゆる士業>もそうかもしれません。最近はソフト開発会社等でもよくこの手の話を聞きます。

では、会社を辞めたくても辞めることはできないのでしょうか?

 

答えはNOです。

会社は辞めることができます。対策は以下の通りになります。

 

①退職願ではなく退職届を出すこと。

退職願はお伺いをたてるときのケースです。退職届は労働者側の意思表示なので会社の同意を必要としません。労働者の意思で退職が決まります。

 

②無理やり出社しないこと。

そもそも会社に行かなかったらいいんです。

 

③会社の弱みをぶちまける。

こういう会社はサービス残業をしていたり、無理難題を言ってくるケースが多いです。今までの残業代を払ってもらってないので、しかるべき処置をとります、といえばかなり会社は揺れるはず。

 

④労働基準監督署に相談にいく

はっきりいって、労働基準監督署に行けば全て勝てます。ユニオンや労働問題に詳しい弁護士でもいいでしょう。だからこそ、自信をもって退職すればいいと思います。

 

 

 

 

 

 

名刺

 

海外ビジネス・グローバルビジネスの成功のためのメルマガ:世界ビジネスウルルン紀行

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ