司法書士と行政書士の違いについて

税理士や会計士の近接資格と思われている行政書士と司法書士については、その違いについてよく学生の人から質問を受けます。

「大学時代に資格の勉強をしたい。法律系なので、行政書士と司法書士ならどっちがいいでしょうか?」とい類の質問です。

結論なんですが、行政書士と司法書士は全く違う業務と思っていいでしょう。

行政書士は主に,官公署に出す申請書面の作成と,その申請の代理を行う事ができます。入管への取次申請もできます。

司法書士は,登記や供託に関する手続きの代理を行うことができたり、簡易裁判所での訴訟の代理等もできます(一定の金額までの条件があります)。

いずれにしても、実力とお客さんがあれば独立はできる職種です。

現実に、そういう方々をいっぱい知っていますから間違いないです。

開業後の主な業務としては、

行政書士の場合

は「許認可業務」「入管への取次業務」が多いように思います。

最近はインターネット広告等を多用して集客を行って業績を伸ばしている事務所も多いようです。税理士等の士業からの紹介は固いでしょうが、ライバルも多いためにどうやって差別化をするかどうかが分かれ目になります。

司法書士の場合

は不動産登記がメインでしょう。債務整理等で一時的にバブった事務所もありましたが、品のある事務所はやはり登記業務をメインにしています。登記業務といっても、銀行からの紹介か不動産屋からの紹介が大きな主だった二つのパイプになります。全社はバックマージン等を要求されることはないですが、そもそも銀行から紹介を受けるためのルートを作れるかどうかが勝負です。不動産屋さんの場合は担当者によってはバックマージンを要求されます。

いずれにしても、どうやってお客さんを掴むか、にかかっていると思います。これは税理士や公認会計士や弁護士でも同じで、開業する=お客さんを作るということですから、お客さんを自ら開拓できないようであれば何をやっても商売にならないと思います。

 

各々の業務を的確にこなす能力は前提条件でしょうが、士業の開業といっても要は起業です。そのための集客=売上を創出できるのであれば行政書士をやっても司法書士をやってもどちらでも成功すると思います。

おおよそ、成功者というのは、何をやってもうまくいくものです。

 

 

 

 

 

 

 

神戸の税理士

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ