建設協力金に消費税はかかるか?

建設協力金に消費税はかかるのでしょうか?

 

答えはNOです。

建設協力金はいろいろな意味合いで捉えられますが、一般的には、建設時の資金繰りを考慮して、オーナが店子から一定額の金額を収受して、それを利用して建設し、店子が退去するときには全額を返金するという性格のものです。

つまり保証金に近いような感じのものですね。

 

すごく簡単にいうと、消費税が課税されるかどうかは、双方の間で損得が発生する場合のみです。商品を販売したとかサービスを提供したとか、そういうのは消費税が課税されますが、100というお金を預けて100というお金を戻してもらったような場合には完全に損得がありません。

こういう場合には消費税の概念自体がないのです。

よって、建設協力金という名目で請求を受けた場合に消費税が記載されていれば、その分値引きを要求できると思って間違いないでしょう。

結構知らずに請求してくるオーナーさんも多いです。

知っておくことで損をしない、備えあれば憂いなしですね。。

 

 

会社設立 大阪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ